芸能界は、遠い未来なんかじゃない

事務所に自分の履歴書が送られてるか正しく確認するには?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
芸能界に入りたい人に必要な情報を発信している21才。芸能活動経験&審査員経験を踏まえ、オーディションに合格する人材と不合格になってしまう人の違いを話しています。発信した内容はTwitter、公式HP、Instagram、youtube等で見ることができるので、是非勉強してみてください✨
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

最近スターダストが主催する大々的な
オーディションであったり、
ソニー他大手事務所が大きな
オーディションを開催するなど、

 

年に数回くらいしかない
オーディション界の盛り上がりが
みられます。

しかし、オーディション結果は合格者にしか
基本的に知らされません。

落ちた人に対してもわざわざ不合格
届けを出すということはないんですよね。

 

そうなると、不合格になってしまった人は
「本当に自分の書類が正しく送られてるのか
確認したい!」と思うでしょう。

 

ほとんどのオーディション
募集ページでは、注意欄として

「合否に関する問い合わせはご遠慮ください」
といった言葉が書かれているので、

確認するにも確認できません。

 

今回は、こういった場合には
どうしたらいいのかについて
お話していきます。

 

履歴書を郵送で送った場合

履歴書を郵送で送った場合、

ご自身の元に返送として帰ってこなければ
ほぼ100%履歴書は会社に届いていると
思った方がいいです。

 

理由としては、宛先に
「〜〜オーディション 宛て」
「〜〜新人開発部 宛て」などと
宛先に書くよう指定されているからです。

 

これがもし、届いてないとしたら
「そんな宛先存在しませんよ」と
いう場合のみです。

 

事務所に届いたけど、審査員に
届いてないということも考えづらいです。

なので、書類を郵送で送って
事務所側が指定している合否連絡期間を
過ぎても連絡がこなければ、

 

残念ながら不合格であると
潔く認めた方がいいです。

 

ただし、届いているのに審査されない
ことも稀にあります。
それは、応募期限を過ぎてからの応募です。

 

これは、一旦審査員も目を通す可能性は
ありますが、

応募期間内に届いた人の中で
「○次審査合格者一覧」というのを
出すんです。

なので、それ以降に届いた人は
みないこともないけど
応募期間内に送ってくれた人よりも
審査基準がもちろん上がります。

 

相当な人じゃないと合格通知を
出すことはありません。

 

Web応募で送った場合

次にweb応募についてですが、

通年オーディション系は
届いてないということはあまり考えづらいです。

期間限定系(ある一定期間内に
数多くの履歴書がインターネットを通して
送られる状態)

のオーディションであれば、
回線の混み具合によって送られてない
可能性もあります。

 

そもそも、
どうしてweb応募オーディションが
多くなって来たかというと
(事務所によって理由は多少異なりますが)

・多くの人が簡単に履歴書を送れる
・審査員も管理しやすい
・シュレッダー等使わずに情報を削除しやすい

等の理由があげられます。

 

となると、必然的に
書類を郵送で送る審査方式よりも
web審査の方が応募者は集まりやすくなります。

 

なので、特に期間限定系だと
送ったと思ってもエラーで
送られなかったということもありえます。

 

web で送られてるか確認する方法はあるのか

web審査は郵送のように
履歴書が帰ってくるなどがないので
確認のしようがありません。

なので、まず大前提に
「一度webで送った履歴書は、
正しく送られている」という前提で
考えましょう。

その上で、もし送られているか
ちょっと不安だな〜という場合は

少し日数を空けてもう1回履歴書を
送ってみるというのがいいでしょう。

 

基本的に、2回以上送るのは
審査員からしてもあまりいい印象を
受けません。

仮に一回目の書類も届いていた場合に
2回同じ書類をみるのは時間が
勿体無いからです。

 

さすがに2回、時間も空けて送っているのに
届いていないということは
あまり考えられません。

 

応募者の予想値をあらかじめ立ててるため
それによって書類を送ってくる
ネットのサーバー整備も気をつけています。

二回送ってダメだったら
潔く、今回はダメだったと
思った方がいいです。

 

書類審査を通過するには

今回は、オーディションで自分の
書類がちゃんと送られているのか
確認する方法についてお話しました。

正直なところ、ちゃんと送られているのか
確認する方法を知りたいのも十分気持ち
わかります。

それは、もちろん主催している事務所側も
十分承知していることです。

そして、せっかくだした書類ですから
どうせなら合格したいですよね。

もし、あなたが今後オーディションで
合格していきたい気持ちがあるなら

現在口コミだけで広がっている
「本当にオーディションで受かる人の特徴」
を記載した、

【master audition】(スマホで読める電子書籍)
を、現在無料で限定配信しています。

 

Master Auditionの詳細はこちら
↓↓↓
>こちら<<

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
芸能界に入りたい人に必要な情報を発信している21才。芸能活動経験&審査員経験を踏まえ、オーディションに合格する人材と不合格になってしまう人の違いを話しています。発信した内容はTwitter、公式HP、Instagram、youtube等で見ることができるので、是非勉強してみてください✨
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© オーディション合格計画 , 2019 All Rights Reserved.