芸能界は、遠い未来なんかじゃない

【2019年版】書類審査で合格が決まる重要ポイント3選

 
  2019/02/22
この記事を書いている人 - WRITER -
芸能界に入りたい人に必要な情報を発信している21才。芸能活動経験&審査員経験を踏まえ、オーディションに合格する人材と不合格になってしまう人の違いを話しています。発信した内容はTwitter、公式HP、Instagram、youtube等で見ることができるので、是非勉強してみてください✨
詳しいプロフィールはこちら

書類審査をクリアして、事務所デビューを目指そう

 

多くの事務所は
書類審査をかなり厳しく見ています。

会う価値があるほどの人物と
判断できなければ、審査員の時間が
無駄になってしまうからです。

しかし、受ける側の人からすると
「書類審査で会う価値があると思われる人って
どんな所で判断しているの?」

 

と疑問に思ってしまうと思います。

 

今回は、書類審査を送る前には
絶対チェックした方がいいポイントを
5つお伝えします。

①書類全体の文字

最近だとwebオーディションも多いので
その場合はあまり当てはまりませんが
書くタイプの書類審査は「文字」に
気を使いましょう。

文字は習字のように
「綺麗」である必要ではありません。

しかし、「丁寧」であり「気を使ってる」ことが
わかるように書くことが重要です。

・枠からはみ出ている
・文字の大きさがバラバラで読みづらい
・つなぎ文字で読みづらい
・文字の滲みがある
・修正テープなどで修正が入っている

 

こよのうな状態で書類を出すことは
普通は考えられません。

本当に読んでほしいと思って提出しているのか
審査員も疑問に思ってしまうでしょう。

 

ですので、中身の内容も大切ですが
それを読んでもらうためには
文字自体にも気を使う必要があります。

 

②書類写真が一番映えているか

写真で決まるとよく言われますが、
そういうことをいうと
「結局顔がよくないと受からないですよね・・・」

と自信を失ってしまう人がいます。

これは、半分正解で
半分不正解だと思います。

素材がよければ良いほど
服装、背景、その他規定などが
多少レベルの低い写真を提出したとしても
受かる可能性は十分にあります。

しかし、顔に自信がない場合ほど
写真自体のクオリティをあげれば
見てもらえます。

写真館などで撮影してもらうことが
一番いいのですが、それができない人は

・シンプルな服装
・明るく顔に異常な影光ができない照明
・全身を隠さないポーズ
・シンプルなメイク
・携帯のカメラで撮らない

このような一般的に言われいてる
写真の撮り方さえも守れない人は
たくさんいるんです。

なので、写真の撮り方では
なにも問題ないものを提出するように
しましょう。

 

③与えられた枠に空欄がある

空欄のある履歴書は魅力がなく
見えてしまいます。

そもそも、

枠を設けているという
時点で事務所が「答えなくてもいい」
と思っている枠は一つもありません。

審査員から
「なにか隠しているのかな?」
「考えるほど本気で書いていない」

と思ってしまわれてもおかしくありません。

なので、与えられた解答欄は
全て埋めましょう。

そうは言っても、
かけない欄も出てくると思います。
例えば、芸歴のない人がこの欄を
埋めることは不可能です。

もしもそういった欄を書く履歴書
があったとしたら、
その欄は「特になし」と書き、

自己PRなどでは
「オーディションを受けた数」など
芸歴に少しでも近い努力したことを
書くなどして工夫しましょう。

オーディションすらも
受けたことがない場合は
今後履歴書にかけるように
まずは受けてみることをおすすめします。

 

このサイトの人気記事TOP3

 

この記事を書いている人 - WRITER -
芸能界に入りたい人に必要な情報を発信している21才。芸能活動経験&審査員経験を踏まえ、オーディションに合格する人材と不合格になってしまう人の違いを話しています。発信した内容はTwitter、公式HP、Instagram、youtube等で見ることができるので、是非勉強してみてください✨
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© オーディション合格計画 , 2019 All Rights Reserved.