芸能界は、遠い未来なんかじゃない

女優オーディションで落ち続ける人の特徴とは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
芸能界に入りたい人に必要な情報を発信している21才。芸能活動経験&審査員経験を踏まえ、オーディションに合格する人材と不合格になってしまう人の違いを話しています。発信した内容はTwitter、公式HP、Instagram、youtube等で見ることができるので、是非勉強してみてください✨
詳しいプロフィールはこちら

女優オーディションを受けた際に
どんなところを見て合否を判断されているのか
よくわからいと思う人は多いと思います。

モデルならルックス
歌手ならボイスサンプル

など、判断軸がある程度予測出来ている
ならわかるのですが、

女優オーディションで、書類から
演技の課題を与えている事務所は滅多にありません。

さらに、大手の事務所でさえも
最終審査まで演技審査がないということも
ザラにあります。

女優オーディションに合格したい!

では、早速ですが
オーディションで落ちてしまう人は、
どんな特徴があるのでしょうか?

そこには、大きく分けて3つの特徴があります。

1:女優になるための努力を明確に示せてない

一つ目のポイントは、
女優になるための努力値を審査員に
アピール出来ていないという点です。

多くの人は、女優としてどんな努力をしているか
話す事なく、自分の実績や趣味特技ばかり
話す事に偏ってしまいます。

 

しかし、あなたよりも実績をもったり
小さい頃から子役経験のあるような人も
たくさんオーディションを受けている

ということは念頭に置いておくべきです。

大事なのは、自分がどんな実績を持っているか
という他人との実績比べではなく
女優になるためにどんな努力をしているか
の方が重要です。

これは、ダイエットをしただったり
(具体的に何キロ痩せたか)
どんな勉強をしているかを示すなど

女優に直結しそうなものを
自分で作り出す事が必要です。

2:周りへ一切自分の夢を話していない

二つ目は、周りの人に女優になる夢を
伝えられていない人です。

女優に限る話ではないですが、

あなたがオーディションで受かることを
あなた自身がイメージ出来なければ
合格は望めないでしょう。

 

「女優になりたいなんて言えない・・・」

 

と、夢を悲観的に見てしまうことは
自分から遠ざけていることと同じです。

本当に女優になった人で
自分の夢を人に話せず
悲観的なまま業界に入った方が
いると思いますか?

 

また、悲観的ではなくて
なんとなくいうのが恥ずかしい・・・
というように思っている方も
まずは人に打ち明ける事から始めましょう。

 

3:女優を目指した理由やビジョンを明確に話せない

類い稀ないルックスを持ち合わせた人ならば
「将来は女優になりたいです」

と、この一言だけ言っても合格できる可能性は
正直あります。

そこになんの根拠がなくても
事務所関係者は歓迎するでしょう。

しかし、そうでない場合ならば全くの別物です。

自分で「なぜ女優になりたいのか」
「女優になってどうなりたいのか」

またその根拠を明確に伝えられるように
しておかないと、振り向きもされないでしょう。

ちょっと可愛い、くらいで
合格できる世界ではありません。

女優という仕事をやりたいと思う人の
ほとんどが、根本的には

「ちやほやされたい」
「みんなを見返したい」
「好きな人と共演したい」

など、自分の目的を晴らすために
女優をやりたいと思うかと思います。

しかし、これをそのまま伝えては
合格は絶対にもらえません。

もっと女優という仕事と向き合って
女優になぜなりたいのかを向き合ってみましょう。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
芸能界に入りたい人に必要な情報を発信している21才。芸能活動経験&審査員経験を踏まえ、オーディションに合格する人材と不合格になってしまう人の違いを話しています。発信した内容はTwitter、公式HP、Instagram、youtube等で見ることができるので、是非勉強してみてください✨
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© オーディション合格計画 , 2019 All Rights Reserved.