芸能界は、遠い未来なんかじゃない

歌手オーディションでの正しい選曲の仕方は?3つの重要ポイントを抑えよう!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
芸能界に入りたい人に必要な情報を発信している21才。芸能活動経験&審査員経験を踏まえ、オーディションに合格する人材と不合格になってしまう人の違いを話しています。発信した内容はTwitter、公式HP、Instagram、youtube等で見ることができるので、是非勉強してみてください✨
詳しいプロフィールはこちら

歌手のオーディションを受ける際
一番見られると思うのが
やはり「歌唱部門」ですよね。

もちろん、
自己PRも写真も見られますが、
あなたの歌が一番重要視されます。

もし今
「ただ歌が上手ければいい」
と思っていたとしたら、
それは間違いなので注意しましょう。

事務所は歌声と同じくらい「選曲の理由」も見ている

選曲した曲と根拠があればあるほど
審査員は好印象に思ってくれる可能性が
高くなります。

しかし、そんな事を言われても
「どうやって実際に選曲
 すればいいのかわからない」と思う人が
多いと思います。

今回は、歌手オーディションで
かなり重要視される選曲の正しい仕方について
お話します。

これがしっかりできているだけで
審査員はあなたに対する目が変わります。

反対に、選曲方法に魅力を感じなければ
たとえ歌がうまくても
あなたを起用したいとは思わないでしょう。

 

1:性別はあなたと「同性」の歌手を選択すること

一つ目は、選曲したアーティストが
あなたと「同性」であるという事です。

どうしてかというと、
まず、男性か女性かによって
声のキーが全然違います。

あなたが女性だとして、
男性の曲を多く歌っている
場合は、そのまま男性歌手ではなく
声の低めな女性の曲を探しましょう。

これは反対も同様です。

歌手オーディションを受ける際に
異性の歌を歌われると
「この子の本当の声のキーはどこ?」
と疑問に思ってしまうのです。

 

審査員は観客ではありません。

観客であれば「うまーい」「下手くそ」で
評価すればいいのですが、

あなたを歌わせてデビューさせるところまで
持っていかなければいけません。

なので、現在どれくらいの
キーを出すことができるのか
目星をつけさせるためにも、同性の曲を
歌うようにしましょう。

 

2:あなたの理想を反映する曲を選曲する

2つ目は、あなたの理想を反映されている
曲を選択するようにしましょう。

例えば、
「将来グループでデビューしたいな!」
と思っている人が、

ソロアーティストのバラードを
歌ってしまうと、
審査員はあなたがグループデビュー
しているイメージを持つ事ができません。

グループでバラードを歌うアーティストは
かなり少ないです。

また、反対に
ソロとしてバラードを
歌いたいと思っていたり、
恋愛系の歌を歌える人に
なりたいと思っている人が

バンドの曲を歌うのも
審査員からするとイメージが
出来なくなってしまいます。

 

それを目指しているならば
全然いいのですが、
そうではないなら、あなたが目指している
形を伝えられる曲を選択しましょう。

 

3:「得意な曲」よりも「思い入れのある曲」を選択する

審査員は、あなたがどうして
その曲を歌っているのかという
理由にもすごく注目します。

例えば、「カラオケで良く歌うから」
「これが自分のキーにあっているから」

などと、単に歌い慣れている
曲をアピールするだけだと
審査員は聞き飽きてしまいます。

さらに、今後あなたは世に出てない曲を
歌う事になるわけですから
得意な曲ばかり歌われても
それを今後CDにすることは出来ません。

 

なので、得意であるものより
思い入れのある曲や、特別だと
思える曲を歌うようにしましょう。

 

極論、思い入れのある曲が
ハッピーバースデーの曲ならば
それを披露してみてもいいのです。

ただし、ちゃんとその歌に関する
ストーリーを話せる事が重要です。

 

選曲上手はオーディションを制す

選曲のコツを知らないまま
自分の歌声を見せつけようとしても
審査員は違った角度からあなたを見ます。

また、選曲のみならず

・オーディションの受け方をわきまえているか
・限られた時間で自分の魅力を伝えられるか

こういった事を勉強しているだけで
合格率は一気にあがります。

・歌手オーディションにこれから
臨みたいと思っている人、

・一度落ちてしまったからリベンジしたい!

と思う人は、ぜひ
スマホで読める無料電子書籍
「Master audition」で
正しいオーディションの受け方、

実際に受かっている人の特徴を
勉強してみてください。

 

無料E-book
【Master audition】

審査員があなたを凡人か逸材
判断する瞬間の判定基準を
見られる秘伝の書

ぜひあなたの今後のために
活用してみてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
芸能界に入りたい人に必要な情報を発信している21才。芸能活動経験&審査員経験を踏まえ、オーディションに合格する人材と不合格になってしまう人の違いを話しています。発信した内容はTwitter、公式HP、Instagram、youtube等で見ることができるので、是非勉強してみてください✨
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© オーディション合格計画 , 2019 All Rights Reserved.