芸能界は、遠い未来なんかじゃない

オーディションで不利になることってどんなこと?一発不合格もらう人一覧

 
この記事を書いている人 - WRITER -
芸能界に入りたい人に必要な情報を発信している21才。芸能活動経験&審査員経験を踏まえ、オーディションに合格する人材と不合格になってしまう人の違いを話しています。発信した内容はTwitter、公式HP、Instagram、youtube等で見ることができるので、是非勉強してみてください✨
詳しいプロフィールはこちら

あなたは、オーディションで
どんな人がどんなことをしたら
目をつけられてしまうか知っていますか?

なんとなく噂や
ネットの情報で、「こうかな?」と
思うものはあるかもしれないですが、

 

それが正しい情報か正確にはわからないでしょう。

実際、これは事務所やそのオーディションで
どんな人が求められているかによって
若干の変動があります

 

しかし、目をつけられる
意味をしっかり知った上で、どんなことは
避けるべきなのかを理解しましょう。

 

もしあなたがこの「一発不合格者」の
関門をクリアし、無事芸能界で
活躍できる人材になれれば、

全国にいるライバルを追い抜かして
合格フラグを立てることができるのですが、

いつまでもこれを知らずに
合格できない関門をクリアしなければ
「どうして合格できないのかわからない!」と

ずっと唸り続けることになってしまいます。

 

そうならないためにも、
どんな観点を審査員が見ているかを
しっかり知っておきましょう。

どんな事務所も見ている観点の「共通箇所」とは?

先ほど、事務所によって
見ている箇所に若干の差はあると言いましたが、

実は、共通でジャッジしている
本質は全く変わりません。

この本質を知っていると、
今後「これは大丈夫なのかな?」と
困ることも一切なくなります。

その全事務所に共通する本質とは

「プロ意識の欠如感」です。

 

事務所は、書類、実技、面接
すべての工程において

プロ意識が欠如していると感じる
ことをされると、即刻「不合格」の
烙印を押します。

逆にオーディションに合格する人は
最初から高いプロ意識を持って
「自分は今後芸能界で生きて行くんだ」という
意識を持っているなと感じる人か

そういったプロ意識がなくても
最初から能力がずば抜けて高く
プロ意識が極論なくてもやっていけそうな人

この2パターン以外は
合格はまずもらえません。

 

では、プロ意識の欠如とはどういったものかを
解説して行きます。

 

①書類において「欠如感」を匂わすものとは?

あなたも一審査員の立場になって
考えてみてください。

 

例えば、これから表舞台にたって
人に影響を与える仕事につくようなことを
希望する人が、

・自分の顔写真を加工している
・メイクバリバリ
・体重を盛っている
・書類に空欄がある
・自己PRで全く自己PRできていない
・志望動機が全然志望動機になってない

こんな履歴書を送ってきたら
どう思いますか?

 

こういった履歴書を送られた側からすると
「この子はなにを目指しているんだろう」と
思ってしまうんです。

 

一般的で理論的に考えて
つい履歴書でやってしまいそうなことは、

事務所からは「プロ意識低い」と
思ってしまうものなのです。

 

例えば、

自分の顔写真を加工している

加工しなくても満足できる顔に
できないまま写真を撮っている

という心理状況の現れです。

 

これと似ていますが、メイクをしていたり
髪色、ピアス、メイクに関しても

素材で勝負しようとしない

素材で勝負できないという
自信のなさが出ている

 

審査員からすると、こういう風に
捉えてしまってもおかしくないです。

②実技において「欠如感」を匂わすものは?

では、書類をクリアしていても
実技審査でプロ意識が欠如していると
判断される人はどんな人でしょうか?

 

これは、準備不足が大きく関係して行きます。

例えば、聞かれた質問に
柔軟な対応ができない人は
「前日までに準備をしてこなかったんだな」と
容赦無く判断されます。

 

もちろん、ちゃんと準備していることも
あると思います。

 

ただ、それがなにかの仕事で
「準備はしてきたんですけど・・・」
と言って言い逃れできるような
甘い世界では絶対にありません。

 

そんなことをオーディション
段階でしてくる人が
合格をさせることなんて滅多にないです。

 

実技審査に進めても
プロ意識が欠如していると思われてしまうのは
あなたの気の張り方で随分と変わります。

 

せっかく書類で受かっていうのに
とても勿体無いので
プロ意識が最後まで高いことを
審査員にちゃんと示してあげることが重要です。

 

プロ意識を相手にアピールしていくには?

オーディション直前になって
なにかを準備するようでは遅いです。
書類を書く時になって初めて
受かるための理由を考えているようでは

 

審査員から「プロ意識が欠如している」ことなんて
すぐにバレてしまいます。

 

大事なことは、

いかにいつオーディションをうけても
ベストパフォーマンスができるかが
重要になります。

 

なぜなら、いつ体重を聞かれたり
いつ写真を撮られても大丈夫な人は
日頃からプロ意識を持って生活しているからです。

 

しかし、一般にプロ意識を持って
やっていこうと思っても、
なかなか最初からできる人はいません。

 

なにか一つだけ「ベストパフォーマンス」を極める

「常にプロ意識」というのは
なかなか難しいものではありますが
最初は、「一つだけ」に絞って行なっていきましょう。

例えば体重に絞ったら
いつ体重を聞かれても、嘘をつかず
恥かしい数字を言うことがないように
する、など。

 

また、自己PRで歌を披露したいと思ったら
いつ歌を歌う機会があっても
絶対に100パーセントの力を出せるようにする、
など。

 

あなたの今持ってるスキルを
もっと極める、ということでもいいですし、

コンプレックスで隠したいものを
克服して、いつでもアピールできるための
ものにする、という方向で考えても
良いでしょう。

 

いずれにせよ、プロ意識を持って
オーディションを受けることによって
不合格にされる確率はかなり下がります。

 

 

■この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

 

無料E-book
HARU式オーディション
合格必勝ガイドブック

たった27日であの人と同じステージに
行ける方法全記載の大全集

いつまでも見てる側ではなくて、
自分が届ける側になりたい・・・

オーディションについて調べてはいるけど、
まだ理想の芸能生活ができていないと
悩んでいませんか?

スター育成プランナーHARU監修し、
実際にオーディション合格者を多数排出した

無条件で省かれる可能性あり?!
受からないオーディション新常識

・書類から実技までよくわかるオーディションガイド

・オーディション合格の先までしっかりサポート
「事務所選びのいろは」を限定公開

など、芸能界へ入るために必要な知識だけでなく、
あなたが一番
進みたい方向へのサポート内容を
90ページ以上に渡って解説しているものです。

是非この機会に、
あなたのチャレンジのアシストに活用してください。

[/aside]

 

この記事を書いている人 - WRITER -
芸能界に入りたい人に必要な情報を発信している21才。芸能活動経験&審査員経験を踏まえ、オーディションに合格する人材と不合格になってしまう人の違いを話しています。発信した内容はTwitter、公式HP、Instagram、youtube等で見ることができるので、是非勉強してみてください✨
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© オーディション合格計画 , 2018 All Rights Reserved.